社員インタビュー INTERVIEW

気持ちよく作業をしてもらうために。
現場の管理はまず、整理整頓から。

店舗の内装工事を現場で監理する仕事をしています。打ち合わせから段取りの手配、発注、作業や仕上がりの確認、お客様へのお引き渡しまで全ての工程に携わるため、納めたときの達成感はひとしおです。反面、それだけに責任感も大きく伴い、新しい現場に入るときはいつも緊張感でいっぱいに。現場で初めてやり取りをすることになる協力会社さんも多く、予定通りスムーズに進むかどうか不安になります。
そんな中で工事の成功に向けて気を付けていることは、現場での整理整頓です。スタッフの皆さんが安全に気持ちよく作業できるように、率先した行動を心掛けています。
現場で必要なのは監理能力や交渉力ではなく、まず整理整頓の心遣いです。

やり甲斐の大きさは厳しい状況と
プロとしての責任感に比例。

ショッピングモールに入店するテナント等を手掛けるときは、作業が夜から朝になるケースがしばしば。納期がタイトになることも多く、制約もさまざまあります。暑さや寒さの肉体的ダメージを受けることも珍しくありません。ただ、過酷な状況ながら、スタッフと協力してできる限り品質を高め、お客様に喜んでいただけるものを納期内に仕上げるのがプロとしての使命です。正直、プレッシャーは半端ではありませんが、責任感と期待が大きいほど、やり甲斐の大きさも比例します。
現場を無事に納め、お客様から感謝のお言葉をいただいた後の家族との焼き肉が何より堪えられませんね(笑)。

設計や施工のスキル修得を目指して。
自分一人で対応できる方法を常に模索。

担当している現場監理だけではなく、設計や施工もこなせるようになるのが個人的な仕事の目標です。営業面を含めて、店舗の内装のことなら何でも一人でカバーできるスキルを身に付けるために。専門外のことをすぐ誰かに頼むのではなく、自分一人で何とか対応できるように工夫したり、考えたりしています。
弊社はチャレンジしたい気持ちがあれば、その気持ちを満たす環境を与えてくれる社風です。新しいことにも積極的に、自由に取り組めます。いつの日か、設計から監理、施工まで一人で担う店舗を手掛けたいですね。

他の社員インタビュー